女の子大好きブロガーです

リア充になりたくて、女性にたくさんお金を使っちゃいました。失敗と成功のバランスが半端ないです。このブログではAmazonアソシエイトを利用しています

フライドポテト食って怒る人は自分のコピーを作りたいだけ

女の子大好きブロガーのりょうちゃんです。

 

僕は女の子大好きと言ってますが、世の中には様々な価値観や性癖を持った人がいると毎日思います。

 

先日もあるニュースがツイッターを騒がせていました

 

 

フライドポテト論争です!

 

これを見ると、今の大学生は会社の飲み会に行きたくなくなりますね!!

 

 

フライドポテト論争とは

このフライドポテト論争とは、人気ニュースサイトの「キャリコネ」さんから注目を浴びました。

 

上司「好きなものを頼んでいいぞ!」

 

新入社員「フライドポテトください!!」

 

上司「いつまで学生気分なんだ!!」

 

という不毛な説教が様々な波紋を呼びました。

 

「フライドポテト フリー素材」の画像検索結果

 

あ!!ちなみに、最近僕は70歳になる父親と美味しくフライドポテトを一緒に食べました。

 

 

学生気分とは何なのか

僕の父親は70歳・・・地域にも貢献して、一生懸命動いています。

 

フライドポテトとビールは最高だ!!と言っています。

そんな父親からは「学生気分」が皆無です。

 

ポテトに怒った上司の学生気分という言葉が意味不明だったので、日本語表現辞典で調べてみた。

 

 

学生気分とは

何でも教えてもらえると思っている、責任感がないなど学生に顕著とされている心持ちを意味する。

主に就職したあとに周囲の社会人と比較されてかけられることの多い言葉。

社会人となる心構えが足りない者のことを「学生気分が抜けない」「学生気分が抜けていない」ということが多い。

 

 

自分の周囲と比較しての発言が学生気分と定義されています

フライドポテトに怒った上司は自分の周囲と比較して怒ったのかな、と思います。

 

つまりは自分と同じ、または似たような行動をしないと「学生気分」と定義されます。

 

僕も大学時代にインターンで「学生気分」と言われました。

理由は鞄の中に週刊少年ジャンプが入っていたからです。

 

 

週刊少年ジャンプが大好きで、当時毎週読んでいました。

 

毎週買って読んでいました。

電車で読んでいました。

 

周りの大人は「漫画を読む僕」を許してくれなかった。

 

「学生気分だね!社会人になるなら役に立つ本を読め!」と言ってきました。

 

僕はそのインターン先を辞退しました。確かに鞄のジャンプが見えたのは仕事をしている人には不愉快に映ったかもしれません。

 

しかし、僕は自分が就職した会社でアダルトビデオを持ってきた人には何にもいいませんでした。

一言・・・「パッケージは見えないように・・・」と

 

 

自分のコピーを作りたがる人は変化を恐れている人

学生気分だ!と説教する人は自分のコピーを作りたがります。

 

先ほどのニュースでポテトに怒った上司も上司の好きなものを頼まなかったからです!

 

自分の好きな行動をしない人は何をするかわからないという恐怖を持っています。

そんな人が上司の人がいる企業には未来はありません!!

 

僕は学生気分とかすぐに使う人とは仕事したくありません。

僕は絶対に使いません!!

 

これからは学生気分という言葉も禁句にしてほしいです!!曖昧すぎます!

 

注意をするならしっかりと、具体的に注意しましょう。

 

 

学生気分という企業に居続ける必要はない

もしも、今後こういう企業に遭遇した場合!!是非新卒の皆さんは考えてほしいです。

 

まだ間に合う就活【就活ドラフト】 ならば大手から中小企業までしっかりと審査された企業が面接を受けさせてくれます。

 

学歴だけでない就職活動が出来ます。

 

学生気分なんて、言ったら即けりましょう!!