読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女の子大好きブロガーです

リア充になりたくて、女性にたくさんお金を使っちゃいました。失敗と成功のバランスが半端ないです。このブログではAmazonアソシエイトを利用しています

周りに影響されて起業は止めたほうがいいと思う

女の子大好きブロガーのりょうちゃんです。

 

今は「起業したぜーーウェイーーーー!」とか言ってますが、僕は27歳の頃も起業を考えていました。

そう、「考えていたレベル」です。

 

フリーランスになる、起業をするということを考えている人へ一つの意見として見てもらえたら嬉しいです。

この記事を書いている時は34歳なので、1度起業をあきらめたのは7年前の事・・・懐かしいぜ。

 

現在の僕の事業

是非、プロフィールと合わせて読んでほしいのですが、簡単にいうと何でもやっています。

 

itoh1018.ryo1itoh.com

 

WEBライター

とにかく、ネット媒体に色々書いています。僕は文章も書くのは大好きです。

様々な案件、マンションとかの広告も書いています。

 

他には健康系の記事を書いています。

これらは僕の名前ではなく、「寄稿」と呼ばれるものです。

 

広報代行

これは前職の経験が活きています。

前職ではWEB広告の運用、コンサルを両方やっていました。WEBに疎い広報の人がいる会社には重宝されています。

なかなか、仲良くなれる仕事です。

 

近所のおじさんの畑を手伝う

これは近所付き合いも兼ねてですね。現金の給料は発生しません。

父親から教わったのですが、起業したら近所や地域の人と交流しろ!というアドバイスです。

 

父親は同じ市内に住んでいて、様々な困ったおじさん、おじいさんから相談を受けます。

それを僕に振ってきます。父親は信頼を買い取れ!と僕に近所の問題解決に僕を駆り出します。

 

※今まで一番困ったのは畑を荒らす狸をどう追い払うかという案件でした。深夜に狸を捕まえて高尾の山へ帰したのはしんどかったです( ;∀;)

 

タヌキ学入門: かちかち山から3.11まで 身近な野生動物の意外な素顔

タヌキ学入門: かちかち山から3.11まで 身近な野生動物の意外な素顔

 

 

メディア運営

一番僕が好きな事業がこれです!このブログと、もう一つ美人メディアですね。

bijincafe.com

美人カフェどっとこむは完全な赤字事業です( ;∀;)でも、楽しいです。

 

起業して1年以上ですが、何故続けられたかを考えた

 

 

起業して自分がどうしたいかを明確に言えるようになった

結構大事なことなのかなーと思います。

お店を持つこともそうですし、法人として会社経営することも一緒だと思います。

自分がどう、事業を運営するか!という気持ちを持つことが大事かなと1年を通して感じます。

 

27歳の頃、僕の起業したいという熱意は低かった

27歳の頃と今では起業への事業内容、計画性、スキル、考えが全く違います。

今思うと違う人間な気がします(*'▽')

 

それは自分の甘さを知ったからだと感じます。

 

周りに反対すると意見が小さくなっていた

27歳の頃の僕の一番ダメなところはこれでした!

事業内容を人に話して、「それいいじゃん!」という回答待ちでした。

 

人に「そんな事業無理だよ!」と言われると委縮してもう、何も言い返せませんでした。

やってやる!という気持ちすらありません。

 

今の自分は「女の子大好きブロガー」というこのヤバイ肩書が気に入っています(*'▽')

みんな僕に興味持ってくれるし、ブログ読んでくれるし!

まあ、たまーにこの肩書は止めたほうがいい!と言われますが今の僕はメンタル強いので平気!

 

行動の仕方が間違っていた

27歳の頃は人に会うということはしていました。

よく、異業種交流会とか行ってました。でも、あの時に起業した人は今は何もしていない感があります。

まあ、それが普通です・・・

 

僕は行動しよう!人に会って刺激をもらおう!勉強しよう!という気持ちはありました。

でも、会って満足して自分に酔っていただけでした。

 

今の自分は会う人をかなり選んでいます。まあ、飲もうとかそういうのは意外と応じています笑

 

一つの事業で成功しようとしていた

これが僕の一番の問題でした。まあ、もちろん一つの得意なもので起業して利益を出すことはいいことです。

でも、WEBコンサルをある程度やって分かったことは一つの事業、または一つの取引先に依存することは本当に危険なんです。

 

恋愛でも一緒かなとか思ったりします。

 

だから僕は畑の仕事とかもやっています。結構知識にもなりますね。

 

20代で起業する人へ

最後に偉そうにいう訳ではありませんが、様々なことを挑戦してみてください。

「自分はこれで起業しなきゃダメ」みたいな自分を縛るようなことをすると苦しくなります

 

ですので、自分をそして人にも優しくできるような起業をしてください。

結構キツキツで辛そうな若い起業家さんを見ていて僕も辛いです。

 

そして、声を大きくして言います!「周りが起業しているから」という理由で起業はしなくていいと思います。

僕の同級生、友人は優秀な人間が多くて20代で起業をした人間がたくさんいました。

僕はそんな友人に張り合ってしまいました。

 

起業は張り合うものではありません。何か自分でなければできないことをするためのものです。

 

何か参考になれば嬉しいです。