読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女の子大好きブロガーです

リア充になりたくて、女性にたくさんお金を使っちゃいました。失敗と成功のバランスが半端ないです。このブログではAmazonアソシエイトを利用しています

本当に好きでやっているお店は大企業にも勝つ

女の子大好きブロガーのりょうちゃんです。

 

スタバの可愛いお姉さんに注文するだけでも本当は緊張します!!

 

実は、近所の友人のガイル(あだ名)がゲーム屋の店長になりましたという報告がきた!

僕はガイルのゲーム屋にはよく行ってゲームを買います。

 

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇

 

 このゲームも、大好きでガイルのいるゲーム屋で買いました。

 

近所にはブックオ〇や、ビックカ〇ラもありますがガイルのゲーム屋さんで僕は

20年前からゲームを購入しています。

今日はそのゲーム屋の話から仕事の話をしてみようか。

 

ガイルのゲーム屋は売上がいい

ぶっちゃけ最近はブックオフや、大手家電量販店も多くなってきた。

だからテレビゲームのソフトやハードをゲーム専門店で購入することは少ないと聞きます。

 

皆さんの近所にゲームだけを取り扱っている店はあるか?と聞かれるとないですよね。

ガイルの店は僕が中学1年の頃から営業していてずーーーーーとゲームだけを販売してます。

つまり、僕が現在34歳なので、20年くらいだ( ゚Д゚)

これはすごい!!

 

ガイルに仕事の話を聞いた

ちょうど、先日ガイルとお酒を飲みに行く機会があり、34歳の男同士!!仕事の話を熱くしました!!

 

34歳という年齢で利益の高いお店の店長まで上り詰めたガイルから吸収したくなった俺!

とてもいい話ばかりだった!!

 

あ、簡単にガイルの紹介をしようか

ガイルというあだ名は当時、私とガイルがゲームセンターで人気格闘ゲームストリートファイター2にハマっていた時だった。

スーパーストリートファイター2

スーパーストリートファイター2

 

 

 

彼はガイルというキャラの使い手として敵なしだった!!! 

SUPER STREET FIGHTER IV ARCADE EDITION PLAY ARTS改 ガイル(PVC塗装済みアクションフィギュア)

SUPER STREET FIGHTER IV ARCADE EDITION PLAY ARTS改 ガイル(PVC塗装済みアクションフィギュア)

 

 独り言でいつも「ソニックブーム!!!」と言っている危ない奴だった!

都心のゲーセンでも負けなしの男でクラスでは「ガイル」と呼ばれていた。

 

ガイルの就職活動

ガイルは大学時代にバイトをしようと思い、今働いているゲーム屋さんでバイトの面接を受ける。

人は好きなものを仕事にしたいと思う。

しかし、結果は不採用!!

ガイルというあだ名とは反対に彼は清潔感もなく、コミュニケーションが下手だった!

 

 

不採用になっても次の日にはそのゲーム屋さんでゲームを買った

普通は就活でもお祈りメールや不採用の通知が来るとその企業のことを大体嫌いになります!!

僕も嫌いになります。

しかし、ガイルは不採用になってもゲーム屋さんを嫌いになれませんでした。

 

次の日も購入しちゃった!!とのこと。

その時に店長さんが対応したらしい。

店長さん「ガイルくん!何で不採用にしたのに、うちでゲーム買ってくれるの??」

ガイル「だって、このお店が好きなんですよ!」

 

このやりとりがきっかけでガイルはバイトとして採用されました。

未来の店長の誕生です!!

 

何故、ガイルのお店が愛されるかを考えた

多くのサービス業では「接客」とか色々言います。

 

お客様に選ばれる人がやっている  一生使える「接客サービスの基本」

お客様に選ばれる人がやっている 一生使える「接客サービスの基本」

 

 こういう本も多く売れています。売れている理由は接客が難しいし、お客様が来ても

購入が少ないことです。

ぶっちゃけゲームはどこで買っても一緒です!

でも、大手ではなく、ガイルのお店に行く理由は何故かをガイルは語ってくれた。

 

ガイルのゲーム屋さんの店員さんがゲーム大好きだから

結構単純なことだが、この「好きレベル」が異常な奴しか採用していないらしい。

アパレル業界でも離職率は高いです。「服が好き」「オシャレが好き」だから就職するが、辞める人は多いと皆知っていますよね。

 

ガイルのお店で僕もゲームは買ったことありますが、店員さんのゲーム好きはヤバいです!!すごいです!!

僕「第3次このスーパーロボット大戦ください(*´Д`)」

と女性店員さんにお願いすると女性店員さんは

女性店員さん「畏まりましたー。」梱包をしながら何とめっちゃ喋ります!!!!

女性店員さん「お客さん!ロボット好きなんですねー!私も好きで、Zガンダム好きなんですよーーー!!!!あ、でも第3次からはユニコーンも参入だからとても激熱ですよね!!!以下略!!!!!!!」

 

という感じで大体10分はお話をします

 

ゲーム屋さんは回転率ではないとガイルは言う

ガイルはこう言ってました。

ガイル「ゲーム屋はコンビニのレジではないからスピードではないんだよ!リピート率ね!!それと、丁寧さ!!これだよ!!どや!!!」

そして、僕はガイルに店員さんがいつも話かけてくることについて聞いてみました。

ガイル「ああ!あれも皆するよー。だってゲームバカ好きしかいないからねーー。やっぱ同じ趣味持ったお客さんは好きになるんだよーー!」

 

ガイルのゲーム屋さんからの学び

よく、好きなことを仕事にしたい!しよう!とも言います。

でも、本当の好きな奴らには大手も敵わないということをガイルから学んだ。

 

好きな奴らは楽しそうなんですね。

ガイルのお店のポップは手作りです。しかもゲームのレビューも店員さんが実際にプレーしているから分かりやすいんです。

クリアーにかかる日数まで書いてくれるのは本当に嬉しい!!

 

今後求められる仕事、て「人間の手から生まれる丁寧さ」かなとガイルから学びました。

ガイル、また飲もう!