読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女の子大好きブロガーです

リア充になりたくて、女性にたくさんお金を使っちゃいました。失敗と成功のバランスが半端ないです。このブログではAmazonアソシエイトを利用しています

相談に乗れる女性は実は少ない

女の子大好き論 取材

女の子大好きブロガーのりょうちゃんです。

 

先日、ある方のイベントに行ってきました

 

ameblo.jp

先日、美人カフェに出てくれた可愛い女の子のチエちゃんが運営する

ワークショップへ行ってきました。

 

じぶんとなかよし

こちらは、みやまちえさんが主催するワークショップイベント、

そしてコミュニティです。

f:id:itoh1018:20161109195057j:plain

とっても楽しい!中心の佐々木希ちゃんと満島ひかりさんを足したような

可愛い女の子が主催のみやまちえさんです!

こちらのイベントに先日取材に行ってきました!

 

イベントは主にワークショップ

イベントを主催する人は様々な形態で行います。

みやまちえさんが行うイベントスタイルはワークショップです。

f:id:itoh1018:20161109195800j:plain

 

ワークショップとは

「仕事場・作業場」とも言われます。

最近のイベントなどでの定義は「所定の課題」についての討議を重ねる形の

研修会・教員、社会教育指導者の研修や企業教育で採用される事が多いです。

 

簡単にいうと知識の獲得ではなく自分たちで納得していく。

または自分たちで財産を作り出して行くという所にあります。

他の言葉に言い換えれば「協働」です。現在ではこういった姿勢が様々な場面で

必要とされている為様々なジャンルで「ワークショップ」という言葉が使用されてます。

 

みやまちえさんのワークショップはこんな感じ

各自でノートを持ってくる

f:id:itoh1018:20161109195925j:plain

多くのワークショップでは主催側がワークシートなどを用意しますが

みやまちえさんは各自のノートに書くスタイルです。

 

自己分析よりもすごい!自分と仲良くなること

みやまさんは自分の研究をするということをテーマにワークショップを進めるんだ。

そして、押し付けずに一人一人にガッツリと話す。

これはなかなかいないタイプの女性だ。

多くの女性は自分が話したがる。

 

でも、みやまさんは全員と話すまでイベントをしっかり運営していました。

 

打ち上げでも全員としっかりとワークしていた

本人は「時間が上手く使えないー!」と言っていたけど

僕から見たら、こういうスタイルにとらわれない人は好きだ。

f:id:itoh1018:20161109200509j:plain

 

こんな写真を撮っていますが、実は参加者の方は本音で

自分の話をして涙を流す場面が30分に1回はあった。

 

ここまで参加者を泣かせるワークショップを見たことない

よく、自己啓発セミナーで参加者を追い込んで泣かせる講師はたまーに見る。

でも、みやまさんはそういう人ではない。

ただ、話を聞いて相手の自分研究を手伝っただけなのだ。

これはすごいなーと感じた。

 

まとめ

是非、彼女のワークショップを受けてみよう!とくに女性は自分のことを

知ってみよー!自己分析では分からない自分を研究してみよー

ということで、美人カフェに出演したみやまさんの写真をみて、お別れ!

note.mu