読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女の子大好きブロガーです

リア充になりたくて、女性にたくさんお金を使っちゃいました。失敗と成功のバランスが半端ないです。このブログではAmazonアソシエイトを利用しています

凡人でも出版するための思考を学べた!ちゅうつねセミナー

仕事 フリーランス

女の子大好きブロガーのりょうちゃんです。

 

はあちゅうさんのワンピース姿、経沢社長の黒髪が好きです。

こういうことを言うとファンの方に怒られますねwww。

 

 

出版を目指すセミナーに行ってきた

f:id:itoh1018:20161027140302j:plain

 

見ればどんなセミナーか分かりますね。

 

この日は僕が入っているオンラインサロン「ちゅうつねカレッジ」の

月1回あるセミナーです。

synapse.am

 

実は僕はセミナーは嫌いなんです。人の話を座って聞くのが意外とできないからwww。

 

でも、ちゅうつねのセミナーは面白いから行く!

やはり、セミナーのキャスティングも素晴らしいですし、お話しをされる方が

本当に現実で使えそうなこと、しっかり活用すれば自分の仕事や生活にも役に立つことしか言いません。

 

ちゅうつねカレッジはとはどんなところ?

キッズライン代表取締役社長の経沢香保子さんとブロガー・作家のはあちゅうさん(伊藤春香)の共同主宰による会員制コミュニケーションサロン。

 

月額を支払い、様々な学びがオンラインと不定期にオフラインで行える。

【大体、こんな感じの内容があります】
・経沢社長、はあちゅうさんが学んだこと、経験のシェア
・いままでのビジネスに使えるノウハウや、日々アップデートしてるノウハウ
・起業プランへのアドバイス
・マスコミに掲載される方法・取材されるコツ
・ブログ、SNSでのブランディング
・副業や個人事業、もしくは、起業
・最高の出会いを引き寄せる生き方

 

セミナーは出版を目指すというテーマ

毎月オンラインサロンではテーマが設けられて会員の方は自主的にそのテーマに沿って

考えたり発信を行うのが面白いなーと僕は感じる。

今回のセミナーも10月のテーマが「出版を目指す」だったのでそれに関連する講師の方が来てくれた!

 

坂口孝則さんの素晴らしい仕事への取組み思考が最高だった

この日のセミナー講師は坂口孝則さん

 

 

日本テレビの朝の番組「スッキリ」にコメンテーターとして出演。

多くの本を出版している方!27歳の時には初出版!

 

普通にサラリーマンやっていた人

とてもユーモアある方で、ご自分のサラリーマン時代の話をしてくださった。

その中で参加者目線をすごく、持って話をしているんだと後で気づいた。

 

後で振り返るととんでもない分析家だ

ご自分では「はあちゅうさんは天才で、自分は凡人。」

「はあちゅうさんは例えるならメロンで、自分はキャベツ」とか言っていたが

自分の市場をガチで分析している人は意外と少ないような気がした。

 

僕の周り、僕を含めてそこまで「自分を分析」できる人は少ないと感じた。

 

企画書作りをできるのは尊敬する

僕も25歳くらいの頃は企画書を仕事でよく作ったが苦戦した。

 

社会人1年目からの「これ調べといて」に困らない情報収集術 (「やるじゃん。」ブックス)

社会人1年目からの「これ調べといて」に困らない情報収集術 (「やるじゃん。」ブックス)

  • 作者: 坂口孝則
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2016/03/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

この坂口さんは企画書を作るということのスペシャリストなのかもしれない。

よく、僕も人を紹介して欲しいと言われる立場になったが、その際に必ずいう言葉がある。

「企画書を出せ!」

※こんなきつい言い方はしません

でも、大抵の人は出すのが面倒くさくなって出さないか、いい加減なコピペの書類を出します。

 

坂口孝則さんの企画書がいいから出版できたのだと僕は思う

坂口孝則さんは熱い話し方の中に、仕事への丁寧さが感じた。

これは意外と現代のビジネスパーソンにも少ない。

丁寧で、企画書を作れる人・・・まさに掛け合わせだ。

 

坂口孝則さんの本の構成がヒット作の法則

坂口孝則さんは決してパクリ作家ではありません!!

しかし、ヒット作を本気で読み込んで「分析」しています。

この分析が異常レベルです。「文字数」までカウントしているんです。

 

こんな人は初めて見ました!!!ページ数は簡単に数えるけど、文字数数えた人は少ない!

でも、この分析で安定的な売り上げを伸ばす坂口さんは凄い!

 

この「分析思考」と思考して発見する思考が出版へのステップだと僕は考えた。

まとめ

おれ!これ買います!!

 

 今日アマゾンで発注したから楽しみ!!!

 

本日の美人

note.mu

出版ということで文学少女のミカミさんをご紹介します。

是非、ご覧ください