女の子大好きブロガーです

リア充になりたくて、女性にたくさんお金を使っちゃいました。失敗と成功のバランスが半端ないです。このブログではAmazonアソシエイトを利用しています

人生で必要なことは全てキスで学んだ

女の子大好きブロガーです。

僕はキスが好きだ!一番好きなドラマのキスシーン

 魔女の条件のタッキーと松嶋菜々子さんの濃厚なキスシーン。

 これを見れば男はキスの仕方、つまりは歯と歯あ当たらない、さらには「気持ちよさそうな」キスの仕方が分かる。

なんと言っても年上女性とのキスだ!最高に決まっている

(*´Д`)はあはあ・・・すまない、熱く語り過ぎた。

しかーーーし、僕はこう思う

 

人生の全てはキスで始まりキスで終わるのだ

キスに関するトーク、キスのタイミング、そしてキスの回数、キスの終わり方これを制するものは恋愛はもちろん、仕事やプライベートでも十分成果を出せるはずだと豪語しよう。

 

まずは簡単なキストークからだ!

僕はたまに女性に聴く。

僕「彼氏はどれくらいの期間いない??」

そう聞くと女性は

女の子「んーーー、半年かな・・・何かできないんだよね」

この程度の会話はタラちゃんでもできると思う。

 

サザエさん プラキーホルダー タラオ&タマ

サザエさん プラキーホルダー タラオ&タマ

 

 

 

この会話の後が重要だ!

だれでもできる会話だと、お友達どまりだ!

それなら、リスクを犯して少しドキッとさせろ。もし自分が圏外なら考えろ。

 

ださい童貞の場合

童貞時代の俺「え!彼氏いないんだ。じゃあ今は誰とも付き合う気はないの?好みのタイプとかは?というか、俺とかはどう?」

女の子「まあ、今は色々忙しいしね。好みのタイプは好きになった人かな・・・。りょうちゃんは、いい人だから私よりいい人いるよ!」

女の子の本音「てめーに構っている時間はない!好みはイケメンに決まっている!もちろん中身もイケメンだ!おめーは何がイケメンなんだ!その話ぶりがもう無理だ!質問多いんだよ、圧迫面接か!はい!終了ーーーーー!!」

 

少しキスを意識するトーク

俺「彼氏半年いないんだね。そっか。もったいない!

じゃあ質問を変えるね。最近キスしたのはいつ?」

女の子「えええ?それ聞く?いつしたと思う?ていうかしそう?」

 

二つのトークを比べようか。

最初のトークはそうとうがっついた感があるね。これは童貞時代の俺が本当にやっていたトークだ。

2つ目はたまーにやるトークだ。これは相手の意表をつくトークだ。

女性は「そうくるか!」というトークに弱いし、相手への特別感を抱く。

「初めて」というものに弱いのが女性である。

テンプレ化したトークはダメだ。相手のスキを狙うといいぞ!

 

キスのタイミング

一番難しいのがキスをするタイミングだ。

どの程度仲良くなり、会っているときならいつか。

そもそも付き合うという大義名分が無くてしてもいいのか!

それをレクチャーしようか

 

ダメなタイミング

童貞時代の僕の話だ。

ベンチの公園で二人で話していた。

 

童貞の僕の心「よし、何とか二人きりでデートして、色々相手の話も聴いたぞ!

ホットドッグにも書いてある通り女の子の話を聞きまくった!」

※ホットドッグとは、Hot-Dog PRESSのことである。

恋愛のマニュアルも載った文化的でファッション雑誌で僕のような男子は愛読した。

特に恋愛マニュアルコーナーは大人気だ!

 

 

女の子「楽しかったね。私、そろそろ帰らなきゃ!」

童貞の僕「あ、待って。あの・・・キスしていい!ていうかさせてくれ!」

これで無理やりやったら犯罪です!!

僕は無理やりはしませんでしたが、相当拒絶反応されまくりました!

 

何がいけないか

ビジネスの商談でも言えますが

  1. アポをとる
  2. 相手の課題を見つける
  3. 課題解決方法を提案する
  4. 商談成立

という感じの流れがあるんだ。

キスにも、この似たような流れがあるんだ!

 

まずは、童貞時代の僕がこの時できていたこととできていないことを整理しよう!

  1. アポをとる➡〇 デートには結びついている
  2. 相手の課題を見つける➡相手の悩みをそこまで深く聞いていたかと聞かれると聞いてない!
  3. 課題解決方法を提案する➡✖俺とキスをして課題が解決するかという話をしていない!そもそも相手から聞き出せていないだろ!
  4. 商談成立➡✖キスできない!

 

つまり、4分の3の童貞は2番でつまづく!そして、ブロックされる!

次に3番に進めないという男子も多い!これは「お友達止まり」という男子だ。

僕もこの3番から進まないという期間に悩んだ。

 

キスを提案するとは

俺とキスしたら楽しいぜ。何か紛らわせてあげるよ。何なら付き合っちゃう?

ぴーーーーしちゃう?

という気持ちにしないといけない。女の子は言い訳する生き物だ。

 

僕とキスしたのは

  • 寂しかったから
  • 本当に落ち込んでくれたときに優しくしてくれたから
  • 「初めて」私のコンプレックスを認めてくれたから
  • ちょうどいいときに会ってくれたから

という感じで相手にとっての「いいタイミング」を見極めましょ。

これはビジネスにおいても同じだね。寒いからホットコーヒーが売れると一緒だね。

 

 

あとは1回すれば割と大丈夫!ここからは修行だ。

まあ、職場とかが恋愛に厳しいところは気を付けてと言いたいね。

最近は何か厳しい職場が増えたね。

あと、やはり色々と事件も増えてしまったためにセクハラ問題も多い。

 

しかし、この自分がセクハラに巻き込まれないためにも女性の気持ちを知ることも大事だ。

セクハラは「相手が嫌がったら」セクハラになる。相手を○○ちゃんと呼ぶだけでもたまーにセクハラとか言われる場合もある。

つまりは関係構築だ!

 

そのためにもキスを学んで、円滑な生活をしてほしいぜ