読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女の子大好きブロガーです

リア充になりたくて、女性にたくさんお金を使っちゃいました。失敗と成功のバランスが半端ないです。このブログではAmazonアソシエイトを利用しています

飲食店のアルバイト面接、落ちた回答例

仕事

どうも、女の子大好きブロガーのりょうちゃんです。

何であの面接で落ちた!!ということはたくさんあると思う!僕みたいな自信過剰人間は!

手ごたえあったのに落とされるくやしさあるよね!

 

たまにはバイトを探している大学生にも役立つ情報をと思い、今回の記事書いたよ

 

落ちてしまう、飲食店アルバイト回答例

※この面接と回答はあくまで、私個人の一例。もしかしたら、もしかしたら他に私の気づかない理由があったかもしれない。

 

アルバイトを受けた経緯

僕が大学生くらいの頃・・・

バイトをしていたラーメン屋が潰れた。僕は仕事をしないと生きていけないと感じていた。

その当時の年齢は21歳!そう、大学3年だ!就活しゅーかつ!シューカツ!

 頑張って!就活してました。今の学生ほどじゃないけど就活していた!

 

調理師免許を持っていた僕はつなぎのつもりで某居酒屋のアルバイトを受けに行った。

結果は不採用だった!!!

 

今思っても何故僕が不採用だったかは分からない。

 自信過剰な僕は振り返ってみよう。

その当時の状況を細かく説明しよう。

 

面接の人数は僕含めて2人。もう一人の人は大学生。僕の印象はめちゃめちゃおどおどしていた

面接担当はもしかしたら、僕と多分28歳かな。声だけは元気!飲食店の店長としては合格だ。

結構意識高い感じが見えた!いきなり、初対面の相手にタメ口と○○くん!と距離感が近い感じ!ああ、飲食店てそうなんだなと思う俺。

この店長を一時的に意識高い店長と名付けよう

ラーメン屋でバイトしていた時はもう少し皆だらだらしていたけどな・・・・

 

 

アンケートを書かされる

最初にアンケートを書かされた。

僕もうろ覚えだが、

名前、志望動機、このバイトで何を掴みたいか!君にとって仲間とは何か!

という感じだった・・・

ん??志望動機は履歴書に書いてある!なんでもう1回書かせるんだ!

と僕の心のコスモは燃えた。怒りレベル1

そして、何を掴みたいかという質問には僕の1カ月の欲しい金額を書いた。だって、アルバイトはお金のためにやるんだ!

君にとって仲間とは、という質問は仲間は既にいますと答えた。これ以上僕の心の馬車には仲間は入りきりません!!ドラクエで習わないのかよ!!

 

アルティメットヒッツ ドラゴンクエストVI 幻の大地

アルティメットヒッツ ドラゴンクエストVI 幻の大地

 

 あまり、仲間増やすとルイーダの酒場行きだよー!!!

 

僕は割とサクサク書いてしまうタイプ。

隣でオドオド大学生くんを見るとそうとう、書くことに悩んでいる。

ああ、もしかして初めてのアルバイトかな・・・ 

アンケートに突っ込まれる

 さて、20分くらい経ってアンケートを書いたら先ほどの意識高い店長が戻ってくる

アンケートを回収して、僕たち2人のアンケートをマジマジと見る。

いやん!そんなに見られたら感じちゃう!!と言ってほしいくらいにニコニコしている。まさに男優レベルにニコニコし過ぎだ。

 

店長「さて、じゃあ質問させてもらおうかな。このアルバイトを何で受けようと思ったの?」

ええええ!アンケートと履歴書にも書いてあるだろ!また聞くかよ!

僕「はい、ラーメン屋での接客を活かして新しい居酒屋という挑戦をしたいと思い志望しました。」

おれ、すごいちゃんと答える。しかも、履歴書やアンケートとも少しニュアンスを変える。

もう一人の大学生くん「え・・・ええっと・・・接客を通して明るくなってガンバッテいきたいと思いました」

店長「そうか、では次の質問!10年後どうなっていたい?」

えええええええええええ!!

これは正社員の面接か!!!

 

僕「はい、しっかり家庭を築いていたいと思います」

※10年後離婚を経験するとはこの時には微塵にも思っていない!

大学生くん「僕はしっかり仕事をやりがいにできるオトナになりたいです」

まあ、二人とも真面目な回答ではないか!

 

2択を迫られる

 店長から最後に切り出された

店長「では、ここからの質問は2択のみで答えてください」

ん??なんだ。謎解きか、クイズか?と思った

まあ、付き合ってやろうかと思った。だって、相手はすごく目をキラキラさせて楽しそうだもん!

質問1、あなたはチームプレーが好き?個人プレーが好き?

僕は個人プレーと答えた!

大学生君はチームプレー

質問2、あなたは仕事ではやりがいとお金、どっちをとる?

僕はお金

大学生くんはやりがい

質問3、あなたは頑固?それとも素直?

僕は頑固

大学生くんは素直

 

これで、面接は終了!!!お疲れ様。

結果は○○日以内に連絡します。無かった場合は御縁が無かったということでお願いしますとのこと。

 

サイレントお祈りが来る

 結果は連絡が来ない・・・つまり、僕は不採用だった。

面接の帰り道、最寄り駅まで大学生くんと帰りが一緒で少し話をした。

大学生くん「すごいですね!あんなにハキハキ答えて」

僕「普通だよ。ラーメン屋は結構きつい感じだったしね。」

僕は結構自信過剰で、ハッタリも言う。そして結構初対面に強い。

しかし、ある人によっては扱いにくいと思われる。実際に僕は反論とかも立場に関わらずにする。

 

まとめ

飲食店のアルバイトは本当に多い。いまの時代はさらに人で不足もある。

面接にちゃんとばっくれずに来たら合格というところもある。

でも、色んなユニークなバイト面接を行うところもあるため、参考にしてほしい。

ただ、僕が言いたいのは飲食店はチェーンであるほど「扱いやすい人間」を求めていることが分かる。

シフトに融通聞きそうか。入ってからも色々業務をやってくれそうか。

そう、飲食店は思った以上に職務の責任がある。お客さんの前に立たされるからね。

技術の要求が多いんだ。そういうときでも文句を言わないやつが有名店では活躍できると僕は論じる