読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女の子大好きブロガーです

リア充になりたくて、女性にたくさんお金を使っちゃいました。失敗と成功のバランスが半端ないです。このブログではAmazonアソシエイトを利用しています

1番モテル逆3角形体形を作る!水泳メニュー2週間でマイナス5キロ

もう夏だね。僕は夏だから、ウキウキモード。

よく、マンガで「夏だ!海だ!水着ギャルだーーー!」というセリフを聞いたことはあるよね?

僕も高校時代はもろ同じセリフを吐いていたよ!

 

でも、大人になってビール、ハイボール、その他美味しいご飯ばかり食べてしまい。あああああ・・・

 

太っている僕の体形!

この体形を誰に見せれる??

 

最近できた彼女!

大学デビューしてできた女友達!

気になる女の子とグループで海やプールに行く約束しちゃった?

 

そんな男子よ!2週間あればまだ、間に合う!痩せれる!

そして、女性に一番人気の体形は逆三角形だ!

その体形を作るためには水泳メニュー。

有名タレントの松村邦弘も以前しくじり先生で水泳の素晴らしさを説明していて自身でもその成果を力説していたくらいだ。

 

僕も学生時代は水泳をやっていた。

さらには、大学時代は水泳のコーチのアルバイトをやっていて多くの勉強をさせられた。幼稚園からおばさんまでのクラスを持ち、多くの健康推進に役立ったと自負する。

 

では、私から2週間で水泳を使って無理なく痩せるメニューをここだけで公開しようじゃないか。

 

まず、何故私が水泳を薦めるか。それは多くの方々は忙しいはずだ。

忙しいからこそ、カロリーを短い時間で多く使うものがいいと感じた。

 

皆には水泳で1日につき、1時間半から2時間使ってトレーニングしてほしい。

水泳は陸上の競技以上にカロリーを消費する。

特にシンクロナイズドスイミングは1曲完結するまでにフルマラソン並にカロリーを消費する。

 

 

水泳の消費カロリーは私も水泳をやっていたから分かるが、普通ではない疲労感だ。

小学校のプールの時間のあと、眠くなったことは覚えているか?あれは相当なカロリー消費の証拠である。

 

素人の方はシンクロナイズドスイミングや、競泳種目のバタフライや背泳ぎも厳しいので、今回はメニューから外そう!

 

 

さあ、まずは場所選びから。

 

プールと聞くとスポーツジムに入会というイメージを持ってしまうが、そんなことを毎回する必要はない。

もし、今回トレーニングをして水泳という素晴らしいスポーツに興味を持ってくれたら入会もありだろう。

 

場所は市、または区の公共プールを使おう。

東京体育館も、平日は大会とかがないので50mプールを使えて気分は日本代表選手!

 

え?周りは上手いやつが一杯いそうだから行きづらい??

安心してくれ!競泳経験者はマスターズと呼ばれる社会人水泳団体に練習に呼ばれるから大体公共のプールに現れる確率はメタルスライムレベルだ!

 

次に道具揃えだ。上手くないからそんなにカッコつけるな!

 これとか、メッシュで痛くないからかぶり易い。しかも安い。

公共のプールは水泳帽着用が義務付けられているから、絶対にかぶって!

 

asics(アシックス) メッシュキャップ DH-610.90 ブラック L

asics(アシックス) メッシュキャップ DH-610.90 ブラック L

 

 

 

 

さあ、お待ちかねのメニューだ。

松村邦弘はしくじり先生で、ウォーキングを推奨していた。

うん、あれはいいと思う。ただ、2週間か、3週間だとウォーキングのみは厳しい。

 

では、何がいいか。それは

ビート版を使うんだ!

 

TOEI LIGHT(トーエイライト) スイムマルチボード 青 B-6096B

TOEI LIGHT(トーエイライト) スイムマルチボード 青 B-6096B

 

 

 

 これは小さいバージョンである。

最近の学校教育の水泳はなかなか、酷い!

クロールの息継ぎができないという人も結構多いと聞く。

 

では、できることは何か?と思うと

バタ足である!

 

水泳をちょっとカジッタ奴はよく水泳アドバイスで手、つまりフォームをアドバイスしたがる。

これは大きな間違いだ!と元水泳コーチの私は声を大きくして言いたい。

 

どんなスポーツも基礎。その基礎をしっかりやればいいんだ。

水泳というスポーツの基礎は「バタ足」である。

このバタ足だけを2週間やればいい!

 

いやいや、バタ足だけの2週間で痩せるか!という突っ込みは分かる。

しかし、私は自分で水泳トレーニングするときもバタ足トレーニングを何種類もこなす。

そのメニューを公開しよう。

 

1、バタ足100m×4本・・・ゆっくり足を大きく動かす。

2、バタ足50m×4本・・・横をたまに向きながら少し早く動かす

3、バタ足400m×4本・・・かなりゆっくりこなす

4、バタ足25m×10本・・・全速力レベル

 

これだけで、競泳経験のある私は1時間くらいはかかって消化する。

私の場合はさらにここからバタフライや背泳ぎのトレーニングも行う。

しかし、経験ないかたはまず、途中で立ってもいいからこのメニューをこなそう。

 

多分2時間はかかるはず。

あと、途中1時間で休憩はしようね!

 

ビート板を使っているから安心感もあるし、バランス感覚も強くなるため体幹も鍛えられる。

 

コストは1回につき400円から600円程度。

もし、このメニューを2日に1回やればカロリー消費は普通ではないし痩せるはずだ!

 

試してほしいし、水泳の魅力を知ってほしい。僕も最近太ってきたから泳ぎに行こうと思う。